群馬県/フランス美大留学予備校・芸大受験・美大受験・子どもから社会人の為の美術学校・画廊/すいらん

2015 年画廊企画PART8

overflow

小野耕石・文谷有佳里・山田純嗣


1 

小野耕石「Hundred Layers of Colors.084 (部分)」 50 X60cm 油性インク、紙、アルミ 2014

2015年12月5日[土] ― 20日[日]

Am10:30 ―PM7 :00 (火曜休廊)

 

2008 年から始まったグループ展「overflow」今回で第8回目となります。
このoverlow 展は、今や日本を代表する若手作家の一人となった山田純嗣が、自分たちの創造が湧きだし溢れるがごとく制作を展開し続ける作家を選択し、山田を含む3人の注目作家を選定し開催する恒例の企画展です。
今回は,小野耕石,文谷有佳里の二人が加わり 今、最も活躍をする代表的な三人の若手作家によるグループ展になります。

 

 

小野耕石は東京芸大大学院を修了、あの若手の現代作家の登竜門といわれる本年初頭に開催された2015 年VOCA 展の最高賞、VOCA 賞の受賞者。
シルクスリーンによる技法を駆使し、画面を立体化させ平面と立面の視覚
的進化を展開するその表現で近年多方面でのグランプリ、大賞受賞を獲得
しています。
>小野耕石
小野耕石写真3

 

文谷有佳里は、愛知県立芸術大学音楽学部卒業後、東京藝術大学大学院美術学部先端表現に進学修了する異色の作家。音楽学と芸術学との相関関係をテーマに制作を続け、群馬青年ビエンナーレ他様々な公的展覧会で活躍をし、その表現方法に独自性と新たな表現の方向性を期待されています。
>文谷有佳里
文谷有佳里写真S

 

山田純嗣は、今や名古屋を中心とした今日のアートシーンの中で活躍をする若手リーダー的な存在となっています。平成21年度愛知県芸術文化選奨文化新人賞をはじめ数多く受賞や一宮市三岸節子記念美術館での個展など美術館企画の個展や山田を中心にした展覧会が開催されるなど発表の場を広げています。
>山田純嗣
山田顔写真

 

 

三人の作品に共通しているのは、全体性と局部性。全体として現れるビジュアル的な作品の他に、局部に詳細に描かれる、または実像する小さな別の世界がそこに表現され、まるで象徴的な社会という表層とは
別にある個人の家族や個人と言った生活の実態との関係によく似ている世界がそこにあることだと思います。
三人それぞれ独自の表現を生み出しつつ、時代超越し思考を反映する世界をご高覧下さい。

画廊主 梅津宏規

 

小野耕石
2 「Hundred Layers of Colors.084」
50 X60cm 油性インク、紙、アルミ 2014

 

文谷有佳里
3  「なにもない風景を眺める」
79×111cm、紙、インク 2011 

 

4 「なにもない風景を眺める」
60×60cm 紙、インク 2012

 

5 「なにもない風景を眺める 2012.8-2015」
60.0×60.0cm 紙、インク 2015

 

山田純嗣
6 「(15-15) FLAGELLATION OF CHRIST」
58.4×81.5cm 紙、鉛筆 2015 

 

7 (15-20) PUBERTY
40×29cm 紙、鉛筆 2015 

DM_写真面

DM_宛名面

2015 年画廊企画PART8 overflow 小野耕石・文谷有佳里・山田純嗣