群馬県/フランス美大留学予備校・芸大受験・美大受験・子どもから社会人の為の美術学校・画廊/すいらん

2018年画廊企画PART1 久保 繁 展 ― 西方風来 ―

 

2018年画廊企画PART1

久保 繁 展

― 西方風来 ―


「休息の時間(油壷湾・諸磯湾)」F8 アヴァロン紙に水彩

 

2018年1月20日[土] ― 28日[日]

AM10:30-PM7:00(23日火曜休廊・最終日pm5:00)

 

 

現在、第2 アトリエとして逗子を拠点に制作をしている久保氏ですが、

本展も昨年同様、その周辺の風景やライフスタイルとなっている

南欧風景などをモチーフに描かれた作品を今年は「西方風来」と題して開催致します。

引き続き、新たな絵画スタイルにも挑戦しながら、

ペン水彩画による作品約25点を展示、ご高覧頂く予定です。

力の抜けた軽やかで、お洒落で、味わいのある久保 繁の世界を

是非ともご高覧下さい。

画廊主・梅津宏規

 

 >久保茂PF

 

「緩やかな坂道-1(Ostuni)
F10
アヴァロン紙に水彩・顔料

 

「静かな入り江(油壺湾・諸磯湾)」
10号変形
アヴァロン紙に水彩・顔料

 

「白い町にて」
F
ミルフォード紙に水彩.顔料

 

「緩やかな坂道-2(Ostuni)
 F4
ミルフォード紙に水彩。顔料

 

「白い町にて-1(Ostuni)
F3
ミルフォード紙に水彩。顔料

 

 

久保繁展2018DMPDF



アートスクール1月予定表



2017年画廊企画PART11 overflow 大山実希・箱山朋実・山田純嗣

2017 年画廊企画PART 11

overflow

大山実希・箱山朋実・山田純嗣


山田純嗣「(17-9) ○△□ (B)」28.4X48.1cmインタリア・オン・フォト ed.5 2017

 

2017年12月9日[土] ― 17日[日]

Am10:30 ―PM7 :00 (火曜休廊)

 

 

2008年から始まったグループ展「overflow」は今回で第9回目となります。

このoverlow展は、今や日本を代表する若手作家の一人となった山田純嗣が、自分たちの創造が湧きだし溢れるがごとく制作を展開し続ける作家を選択し、山田を含む3人の注目作家を選定し開催する恒例の企画展です。

  今回は,愛知県立芸術大学大学院出身の活躍を期待される若き作家の参加を得て、山田を中心とした三人の作家によるグループ展になります。

 

 

 

大山実希は、愛知県立芸術大学大学院を修了。水性木版画による主に植
物を観察し、忠実に対象を写し取りながらも、その植物が存在するその
環境の空気や匂い、アンビアンスをその対象を通して実は観えないもの
を形に表すことのできない抽象的なものを顕在化しようとしています。

>大山実希

 

箱山朋実は、既に大学版画展や愛知芸大修了制作展で優秀賞を受賞する
など、早くも将来を期待させるほど積極的な作品の発表を続けています。
最小限の銅版画表現を、インスタレーションというコンセプシュアルな
見せ方により、様々な問題を提起していく形で表現を続けています。

>箱山朋実

 

山田純嗣は、今や名古屋を中心とした今日のアートシーンの中で活躍を
する若手リーダー的な存在となっています。近年は「絵画をめぐって」
というタイトルと共に、絵画の根源的な構造や視覚的な問題を自身の作
品を通して再表現するスタイルを確立しています。

>山田純嗣

%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%88%e5%b1%b1%e7%94%b0%e7%b4%94%e5%97%a3s

 

 

 

大山実希

「無題」
80×60cm、水性木版 和紙、顔料 ed.5
2017

 

「無題」
33×34cm、水性木版 和紙、顔料 ed.5
2016

 

箱山朋実

「知ってる(8 枚組)」
各 61×46cm
コットン紙にドライポイント、オープンバイト
ed.5
2016

 

「草むら星」
20×20cm
コットン紙にドライポイント、レリーフエッチング
ed.10
2016

 

山田純嗣

「(17-3) 舞妓林泉」
200×93.5cm
ポリコートパネルに印画紙、樹脂、ラメ、
インタリオ・オン・フォト
2017

 

「(17-4) 諸国瀧廻り下野黒髪山きりふりの滝」
39×26.5cm
ポリコートパネルに印画紙、樹脂、
インタリオ・オン・フォト、パールペイント
2017

 

DM_宛名面
DM_写真面



大山実希   OYAMA miki

 

大山実希   OYAMA miki

【略歴】
1990

愛知生まれ

   

 

2017 愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程油画・版画領域 修了

【おもな展覧会 】

2017 クロニクル 2008-2020 –痕跡と展開- 旧落石無線送信局/北海道
愛知県立芸術大学卒業・修了制作展 愛知県美術館ギャラリー/愛知
INDILECT’17 愛知県立芸術大学サテライトギャラリー/愛知
2016 第41回全国大学版画展 町田市立国際版画美術館/東京
残響Ⅲ-それぞれの視座- 旧落石無線送信局/北海道
みのかもannual2016 みのかも文化の森/岐阜
INDILECT’16 愛知県立芸術大学サテライトギャラリー/愛知
2015 第40回全国大学版画展 町田市立国際版画美術館/東京
愛知県立芸術大学卒業・修了制作展 愛知県美術館ギャラリー/愛知
2014 Rencontre 5/R gallery/愛知
第39回全国大学版画展 町田市立国際版画美術館/東京
プレ卒展 愛知県立芸術大学芸術資料館/愛知
2013 第38回全国大学版画展 町田市立国際版画美術館/東京
交差する版画 名古屋造形大学ギャラリー/愛知
2017 overflow –大山実希・箱山朋実・山田純嗣            画廊翠巒/群馬

 

 



箱山朋実  HAKOYAMA Tomomi

 

箱山朋実 HAKOYAMA Tomomi

【略歴】
1990

愛知生まれ

   

 

2014 名古屋造形大学造形学部造形学科洋画コース 卒業
愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程美術専攻
油画・版画領域 入学
2016 愛知県立芸術大学 大学院美術研究科 博士前期課程美術専攻 油画・版画領域 修了
現在 愛知県立芸術大学 油画・版画領域 教育研究指導員

【受賞】

2014 第39回全国大学版画展 収蔵賞
2015 第40回全国大学版画展 収蔵賞
2016 愛知県立芸術大学 卒業・修了制作展 修了制作作品「心臓」優秀作品賞
愛知県立芸術大学 優秀学生賞

 

【個展】

2018 個展「彼は誰の友達」 マサヨシスズキギャラリー地下室/愛知

【主なグループ展 】

2012 「460人展」 名古屋市民ギャラリー矢田/名古屋
「7人展」 名古屋造形大学202教室及び/愛知
「nijiiro」 名古屋造形大学201教室/愛知
「三大学版画交流展 交差する版画2012」 名古屋造形大学内D1,D2,D3ギャラリー/愛知
2013 「plat form」 名古屋市民ギャラリー矢田/名古屋
「三大学版画交流展 交差する版画2013」 名古屋造形大学内D1,D2,D3ギャラリー/愛知
「18(いや)展 いやなものからうまれた絵画作品展」名古屋造形大学内D2,D3ギャラリー/愛知
2014 「~2014」 愛知県立芸術大学芸術資料館/愛知
「第39回全国大学版画展」 町田市立国際版画美術館/東京
2015 「INDIRECT’15」 愛知県立芸術大学サテライトギャラリー/愛知
「2015~」 愛知県立芸術大学芸術資料館/愛知
「第9回大学版画展受賞者展」 文房堂ギャラリー/東京
2016 「第9回大学版画展受賞者展 山形巡回&東北版画 版画の断層3」 東北芸術工科大学本館7階ギャラリー/山形
「九州・沖縄版画プロジェクト2015 大学版画展受賞者巡回展(九州)」 九州産業大学芸術学部アートギャラリー/福岡
「第40回全国大学版画展」 町田市立国際版画美術館/東京
「オバケに100回触れてみる」 愛知県美術館8階ギャラリーJ室、florist_galleryN/愛知
2017 「Lagrangian point -To Form-」 Gallery PARC/京都
「選選(よりより)展」 Oギャラリー/東京
「INDIRECT’16」 愛知県立芸術大学サテライトギャラリー/愛知
「stART2016 からだ| マインド」ギャラリー16/京都
「BIBLIOTECA-ARTE」 長久手中央図書館/愛知
「きそがわ日和2016冬 時の指紋」 美濃加茂市太田本町内 空き住居/岐阜
「落石計画 第10期クロニクル2008−2020 −痕跡と展開−」 旧落石無線送信局/北海道

【パブリックコレクション】

町田市立国際版画美術館/東京 愛知県立芸術大学芸術資料館/愛知

 

 



アートスクール12月予定表



冬期前無料講習会

 

PDF>冬期前無料講習会 2017 2pdf



2017-18冬期講習会


PDF>冬期講習会2017-2018(中面)



入試直前講習会

 

 

PDF> 入試直前講習会_表面2018



2017 年画廊企画 PART10 永井里枝 展 – Area –

2017年画廊企画PART10

永井里枝 展

– Area –

 


 

「Area (34°23’44”N, 132°27’13”E,c.2071)」 F10 パネルに和紙、ピグメント、箔 2017

 

20171111[]19[]

 

Am10:30 ―PM7 :00 (火曜休廊)

 

現在実家の渋川で制作をする、現在 27 歳の若き画家・永井里枝の個展を開催致します。 これまで、毎年 5 月に東北芸術工科大学教授・長沢明氏と画廊翠巒とで企画開催していますアマダレ 展には過去 2 回参加したものの当画廊での個展は初めてとなります。 また、画廊翠巒で個展をする作家としては、開廊以来 39 年間で最年少作家の個展になります。 これまで、中之条ビエンナーレの出展やシェル美術展の入選、一昨年は、渋川市立美術館の企画展 「The rising generation 永井里枝・柳澤裕貴」で取り上げられ、またニューヨークやスイスでのアー トフェアに参加するなど、積極的に制作を続け着実に評価を上げている群馬出身の若き期待の画家で す。日本画科出身ですが、これまでの「日本画」という表層的概念にとらわれることなく、しかし特 徴である、和紙や箔の使用や日本画の岩絵の具と成分は同じ、ピグメントといわれる顔料を樹脂膠で 時、自ら絵の具を作って制作するなどの技術的な日本画の伝統を伝承しつつ、表現や対象物など今日 的な興味として取り上げ描いています。 アルミ箔のいささか冷淡で無感情な表層に、ほぼ単色による描写によって深く秘められた感情がそ こに宿り、時空に閉じ込められたであろう様々な物語が鑑賞者の脳裏に沸きだしてくるかのような、 時飛ばしのようでドラマチックで不思議な力がその画面にはあります。 ごゆっくりご高覧下さいませ。

画廊主 梅津宏規

 

 

 

「Panopticon (35°39’29.1”N,139°44’28.8”E,c.2021)」
M200 パネルに和紙、ピグメント、箔 2017

 

「Area (35°40’17”N, 139°45’57”E,c.2071)」
M50 パネルに和紙、ピグメント、箔 2017

 

「Area (35°40’31”N, 139°44’41.9”E,c.2071)」
F15 パネルに和紙、ピグメント、箔 2017

 

「Space (37°28’57“N, 122°9’0”W,c.2071)」
F3 パネルに和紙、ピグメント、箔 2017

 

「Space (34°43‘9“N,137°44’1”E,c.2071)」
F3 パネルに和紙、ピグメント、箔 2017
永井里枝 –Nagai Rie

DM_宛名面
DM_写真面