群馬県/フランス美大留学予備校・芸大受験・美大受験・子どもから社会人の為の美術学校・画廊/すいらん

2018年画廊企画PART6 阿部大介・鷹野 健 - collect -

 

2018年画廊企画PART6

阿部大介・鷹野 健

- collect -

「The desk in the intaglio studio in Geidai」
70×80×60 ㎝ 樹脂系エマルジョン、油性インク 2018

 

2018年9月8日[土] ― 16日[日]

AM10:30-PM7:00(火曜休廊・最終日pm5:00)

2008 年から画廊翠巒の企画展として始まったグループ展「overflow」に参加してもらったことが切っ掛けで、それぞれの個展もやグループ展を開催してきました。
阿部大介は、愛知県立芸術大学大学院を修了。様々な物体の表面を型取りし、特殊な素材に置き換えた立体を制作。現在は、女子美術大学版画専攻の准教授として教鞭と取りながら、その静かな佇まいの中に生々しさをはらみつつ、物質の変容を予感させる作品制作で注目を集めています。
鷹野 健は、これまでモノタイプによる独自の手法や石膏を画面上に定着させる物質的で情緒的な魅力ある作品を発表しつつ、武蔵野美術大学や現在は東京芸術大学及び多摩美術大学で後進の指導にあたりながら制作発表をしています。
そして、今回は2014 年からユニットによる制作で様々な場面で評価を得ている二人のユニットによる展覧会を開催致します。是非ゆっくりとご高覧ください。

画廊主・梅津宏規

 

阿部大介と鷹野健のユニットによるプロジェクトは、2014 年に発足しAOMORI PRINT トリエンナーレ2014、ファン・デ・ナゴヤ美術展2016、VOCA 展2018 などで制作発表してきました。
それぞれの展覧会において、はがし刷りという技法よって様々な場所やものから写された作品たちは、それぞれ異なる時間を携えています。
「collect」展では、これまでに作られた作品を抜粋し寄せ集めて展示します。作品たちが持っている様々な時間が混ざり合い重なり合う空間は、時間や場所を超えて、鑑賞者の個人的な記憶や経験と、不思議なつながりを誘発させる装置となります。そしてそれは、物質が辿ってきた時間とそれをめぐる人と場の関係性を捉え直すことができるのではないかと考えています。

鷹野 健

 

 

 

阿部 大介 ABE Daisuke PF

鷹野 健   TAKANO Takeshi PF

 

 

「Snow shovel」

74×97.5cm
樹脂系エマルジョン、油性インク、紙 2014

写真:山口幸一

 

「みなとのきおく 01 」

140×90 ㎝ 樹脂系エマルジョン、油性インク 2016

撮影 藤井昌美

 

「Bag」

98×65.5cm
樹脂系エマルジョン、油性インク、紙
2014

写真:山口幸一

 

「Window glass」

120×100cm
樹脂系エマルジョン、油性インク、
マットフィルム
2014

写真:山口幸一

 

 

DM_写真面
DM_宛名面

 

 

 

 



鷹野 健  TAKANO Takeshi

 

鷹野 健   TAKANO Takeshi

 

【略歴】
1980  神奈川県生まれ
2003 多摩美術大学美術学部版画専攻 卒業
2005 愛知県立芸術大学大学院油画専攻 修了
2006 愛知県立芸術大学油画専攻 非常勤講師
2007 多摩美術大学版画専攻 助手
2011 名古屋造形大学洋画研究室、版画工房職員兼務
2017 武蔵野美術大学非常勤講師
2018 多摩美術大学及び東京芸術大学 非常勤講師

[個展]

2009 Takeshi Takano Exhibition(表参道画廊・東京)
2010 DISTANCE – Takeshi Takano -(Galerie ARTE.FAKT・ドイツ)
Takeshi Takano Exhibition(MUSEE F・東京)

[展覧会]

2003 PRINTS (ギャラリー素庵・愛知)
The International Festival of Graphic Arts (Cluj-Napoca・ルーマニア)
川崎市美術展 [ 最優秀賞 ] (アートガーデンかわさき・神奈川)
新言語 vol.1 (愛知県立芸術大学構内・愛知)
第28回全国大学版画展 [ 買上げ賞 ] (町田市立国際版画美術館・東京)
2004 Biblioteca Arte 2 Printmaking (長久手中央図書館ギャラリー・愛知)
日本の木版画100年展・アンデパンダン展 (名古屋市美術館・愛知)
アポリアの森・世界の眺め (名古屋市男女平等参画推進センター・愛知)第29回全国大学版画展 [ 買上げ賞 ] (町田市立国際版画美術館・東京)
2005 大学版画学会海外交流展 (Wimbledon University gallery・ウィンブルド ン イギリス)
愛知県立芸術大学卒業・修了制作展 (愛知県芸術文化センター・愛知)
大学版画学会海外交流展 (台湾 巡回)
Manga trifft Hanga (Muscum im grunen Haus・ロイテ オーストリア)
2006 Indirect (長久手中央図書館ギャラリー・愛知)
CONNECT Impression on paper(Silpakorn University Art Centre・タイ バンコク)
Independent −イメージと形式− 2006(愛知県美術館ギャラリー、ギャラリーA•C・S・愛知)
2007 版から紙へ−磯見研究室を中心に− (直指天ギャラリー・愛知)
PRINTS TOKYO 2007(東京都美術館・東京)
ART AND CULTURAL EXCHANGE Silpakorn Univ. TamaArt Univ.(多摩美術大学美術館・東京)
愛知県立芸術大学・モンゴル赤峰学院 交流展(赤峰学院ギャラリー・モンゴル)
多摩美術大学版画研究室展 REVEAL 2 VISIONS(銀座東和ギャラリー・東京)
2008 GEISAI #11(東京ビックサイト・東京)
4-sight(ギャラリー旬・愛知)
2009 版画5人展(ギャラリーA・C・S・愛知)
GEISAI #12(東京ビックサイト・東京)
Image Print Project show(ギャラリー早蕨・愛知)
落石計画 第2期・残響(旧落石無線局跡・北海道)
2010 阿波紙と版表現2010(文房堂ギャラリー・東京)
日本当代版画邀請展「現代日本版画展 – 20世紀から21世紀まで -」(浙江美術館・中国)
更新に憑く -可塑的な無人島- (3331 Arts Chiyoda アキバタマビ21・東京)
2011 イコノフォビア – 図像の魅惑と恐怖 -(愛知県美術館ギャラリー G1、G2室・愛知)
第3回NBCメッシュテック シルクスクリーン国際版画ビエンナーレ展
[ 国際展賞 ](美術家連盟画廊・東京)イコノフォビア – 図像の魅惑と恐怖 -(florist_gallery N・愛知)
overflow -阿部大介・鷹野健・山田純嗣 -(画廊翠巒・群馬)
2012 460人展(名古屋市民ギャラリー矢田・愛知)
2013 落石計画クロニクル 2008-2015」アートラボあいち(愛知)
「版画工房サミット 2013 TOKYO」The Artcomplex Center of Tokyo
第4回東京アートミーティング「SENSE of Wonder -ありふれたマテリアルのもうひとつの様相-」東京藝術大学大学美術館陳列館
2014 Artist Book 美術家がつくる本の形 -旅をよむ-」  3331 ARTS Chiyoda アキバタマビ21
2018 「VOCA展2018 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」    上野の森美術館(東京)

[パブリックコレクション]
川崎市民ミュージアム、町田市立国際版画美術館、Silpakorn University、浙江美術館

 



2018年9月アートスクール予定表



2018年画廊企画PART5 広沢 仁 展 - リヴァイアサン -

 

2018年画廊企画PART5

広沢 仁 展

- リヴァイアサン -

「放蕩息子」
145.5X112cm シルクスクリーン、蜜蝋、紙 ed.3 2018

 

2018年7月7日[土] ― 15日[日]

AM10:30-PM7:00(20日火曜休廊・最終日pm5:00)

私は山口県の瀬戸内の町で生まれ、すぐ近くには海がありました。そこには小さな島がたくさんあり、そのいくつかは船で行くことができます。船に乗って離れていく陸地を見ていると、あの世に行くような寂しさと懐かしさ、罪が洗われるような柔らかな気持ちになります。島には結界のようにバリヤーがはられて日常とは別の時間が流れているのでしょう。
ところで最近、その結界は大きくなってきていると感じることが多くなってきました。しかも悪いことに懐かしさや柔らかさは失われ、捩れ歪んだグロテスクなかたちで。われわれが知っている現実とは別の時間・空間で未知の言葉が交わされている。これは宇宙の意思とか幻獣の仕業とか思うほか理由づけが出来ません。
「怪物」の「見えない力」の意味で「リヴァイアサン」という言葉が頭にうかびました。作った作品は「水」に関連したものが多くなりました。私が描くものは小さな島の寂しく懐かしい人や物たちです。

広沢 仁

 

>広沢 仁 PF

 

「水面影」
168×263cm cm
シルクスクリーン、屏風
ed.1 2018

 

「箔」
145.5X112 cm
シルクスクリーン、紙、パネル
ed.5 2018

 

「クワ」
72.5X53cm
シルクスクリーン、紙、
ed.8 2018

 

「ばかな風」
72.5X53cm
シルクスクリーン、紙
ed.8 2018.

 

「祝い人」
72.5X53cm
シルクスクリーン、蜜蝋、パネル
ed.4 2018

 

 

 

>広沢仁2018 DM.PDF

 

 

 



夏休みの宿題・ポスターなど【夏休み教室】アトリエで描こう2018

 
特別講座夏休み絵画教室 アトリエで描こう2018 小学生対象

「夏休みに絵やポスターを描いてみようと思うけど、絵の先生にみてもらいたい。」
そんな声から始まった夏休みの絵画教室も今年で 21回目になります。
自分で考え、一生懸命想像し、勇気を出して描き出す。
分からなくなったら、また考え、自分で解決方法を見つけ出すために先生はちょっとアドバイス。
みんなそうやって、生き生きとしたステキな絵を完成させて、笑顔でアトリエから帰ります。
講師は子供のやる気を引き出す指導に定評のある梅津宏規先生です。
是非この機会にアトリエで制作してみませんか。
 

【お問い合わせ】E-mail: info@suiran.com 電話:027-223-6312

アトリエで描こう2018申込書PDF



2018年7.8月アートスクール予定表



夏期講習会2018

 

夏期講習会2018

 

春から受験準備を始められなかった人、部活動で多忙だった人チャ ンスです。
確実に基礎力を身につけよう!

 

【前期】7月23日(月)- 8月  4 日(土)
【後期】8月  6日(月)- 8月24 日 (金)

 

[AM  8:30~   9:50 ]朝学科
[AM10:00~17:00 ]昼実技
[PM  5:30~   7:30 ]夜間特訓
※学科、昼実技、夜間特訓のみの受講も可能です。

 

>夏期講習会2018PDF



高校生対象!現役美大生が指導する1日 講習 申込受付中!【無料】


高校生対象!現役美大生が指導する1日 講習 申込受付中!

 

 

すいらんアートゼミナールでは芸大・美大受験に興味がある
高校生のために「現役の美大生が指導する1日講習」を企画しました。

 

デザイン科は平面構成 絵画系は人物デッサンを現役美大生の視点から
指導してもらえます。美大の話も聞けるチャンスです。

 

講習中、個別に受験相談に応じます。

 

 

>美大生指導一日講座PDF

 

 

 

 



2018年画廊企画PART4 三輪途道 展 ― 社の番猫 ―

 

2018年画廊企画PART4

三輪途道 展

― 社の番猫 ―

「目指すは大間のまぐろ」28.5X18.5X62cm 檜、漆、白土、彩色 2017

 

2018年6月9日[土] ― 17日[日]

AM10:30-PM7:00(20日火曜休廊・最終日pm5:00)

2000 年に初めて三輪途道氏 (当時は上原三千代)の個展を画廊翠巒で開催し皆様に作品をご紹介してから、これまで幾度となく個展やG 展を開催、だいぶ間隔が開いてしまいましたが、2012年以来6 年振りとなる個展をこの度開催することとなりました
三輪氏は、木心乾漆、寄木による木造彫刻と言われる1200 年以上前から日本古来の木造彫刻として伝承され、その多くは仏像彫刻として制作されてきた彫塑技術に、独自の彩色を施し今日の現代作品としてあらたな造形を生み出してきました。
約10 年ほど前から視力の低下という難題と共に様々な障害によって、その造形作品はそれまでとは、いささか異なる表情を付帯することになりましたが、三輪氏が芸大大学院時代に模刻した「東大寺俊乗房重源上人像」をご覧になった東大寺関係者が“姿形のみならず、それに宿る魂まで写し得た像”と言わしめたその心眼こそが、三輪の造形力、表現力の真骨頂であり、近年制作されてきた視力の限界の中でこそ観い得たその先にある何か、魂の宿る造形作品をそこに観
ることが出来るのでは・・・と期待するのです。

画廊主・梅津宏規

 

>三輪途道PF

 

「社の番猫」

41X32X71cm
檜、漆、白土、彩色

2017

 

「回転鮨もありです」

40×28.5×50.5cm
檜、漆、白土、彩色

2017

 

「八幡神社の次郎坊」

29×27.5×55cm
檜、漆、白土、彩色

2017

 

「いつかは大間のマグロ」

15×13.5×23 ㎝
檜、漆、白土、彩色

2016

 

「地平線から」

48×46×107cm
檜、漆、彩色

2016

 

「地平線から」のために

23.5X41cm
画用紙、彩色

2017

 

 

三輪途道展DM.PDF

 

 

 



三輪途道    MIWA Michiyo

三輪途道    MIWA Michiyo

【略歴】
1966 群馬県に生まれる
1989 東京造形大学彫刻科卒業
1991 東京造形大学彫刻科研究生修了
1994 東京芸術大学大学院保存修復技術専攻修了

[個展]

1995 「上原三千代展」 ガレリアグラフィカ bis (東京)
1998 「大根の気持ち-上原三千代展-」 靖雅堂夏目美術店(東京)
保科美術館(群馬県伊香保)
1999 「上原三千代展-PORTRAITS」 ガレリアグラフィカ(東京)
GALLERY MOCA (名古屋)
2000 「上原三千代展-diary-」 中京大学アートギャラリー C・スクエア(名古屋)
ガレリアグラフィカ (東京)
「上原三千代展-SELF-」 画廊翠巒(前橋)
2001 「上原三千代展-会いにゆく」 ギャラリーイヴ(東京)
「リアルなココロ-ぬかづけなココロ」 高崎市美術館(高崎)
2002 「REVUE展-上原三千代-」 画廊翠巒(前橋)
2003 「上原三千代展―下仁田―」 ガレリアグラフィカ(銀座)・画廊翠巒(前橋)
2005 「上原三千代展―畳のしめりけ」 下山芸術の森・発電所美術館(富山入善町)
2007 「上原三千代展―育児の作法 The Etiquette of Child Rearing」
画廊翠巒(前橋)
「三輪途道展ー育児の作法」ガレリア グラフィカ(東京)
上原三千代より三輪途道に改名
2009 「三輪途道展ー普通のありよう」 ガレリア グラフィカ(東京)
2010 「三輪途道展ー普通のありよう」 画廊翠巒(前橋市)
「三輪途道展ー普通のありよう」 ガレリア ポンテ(金沢市)
2011 「三輪途道展」 LOWER AKIHABARA (東京)
2012 「三輪途道展」 画廊翠巒(前橋市)
2014 「三輪途道展」
ガレリアグラフィカ(東京)/ガレリアポンテ(金沢)
2015 「三輪途道展ーのら暮らし」
LOWER AKIHABARA / ルーサイトギャラリー(東京)
2016 「偽の人といつかは獣勇士展」
 桜華書林企画 サントミューゼ多目的ルーム(上田)
2017 「三輪途道展ー地平線から」 GALLERY TAGA2 (東京)
「三輪途道ーのら暮らし2」LOWER AKIHABARA(東京)
2018 「一路堂で会いましょう」   一路堂caffe (高崎)

[グループ展]

1995 「群馬青年ビエンナーレ」 群馬県立近代美術館(高崎市)
1996 「上原三千代・篠崎悠美子二人展」 ガレリアグラフィカ bis (東京)
「山月展」 画廊山月(前橋)
1997 「’97 ANNUAL SHOW」 ガレリアグラフィカbis (東京)
1999 「アートランドオン150×150展」 GALLERY EARTH VISION(横浜)
第3回 世界陶彫シンポジウム」 セラテクノ土岐(土岐市)
「NICAF TOKYO ’99」 東京国際フォーラム(東京)
2000 「現代の陶彫」 ギャラリーせいほう 東京)
「アートランドオン150×150展」 GALLERY EARTH VISION (横浜市)
「AN AUTUMN EXHIBITION OF ART WEB SITE」 ギャラリー青羅(東京)
2001 「NICAF TOKYO ’01」 東京国際フォーラム(東京)
2002 「東大寺のすべて」 奈良国立博物館(奈良)
2003 MOTアニュアル2003 東京都現代美術館(東京)
2004 「木で作る美術」群馬県立館林美術館(館林)
「REVUEⅡ・展―高橋常雄・上原三千代―」画廊翠巒(前橋)
2005 「REALITY CHECK」 東京造形大学付属横山記念マンズー美術館(東京)
2006 「Sweet Memories-スイートメモリーズ」北海道立近代美術館
「Naoshima Standard 2」 香川県直島・財団法人直島福武美術財館団(~‘07)
「NAOSHIMA STANDARD2」 ベネッセアートサイト直島(香川県直島町)
2008 「アートフェア東京ミヤケマイ・三輪途道 foget-me-not」東京国際フォーラム(東京)
「ハコビでBoo トンちゃんアート展」 北海道立函館美術館(函館市)
「ART TAIPEI 2008 諏訪敦・三輪途道展」 ギャラリー小暮ブース(台湾)
2009 「群馬の美術」 群馬県立近代美術館 (高崎市)
2010 「ART TAIPEI 2010」 ギャラリー小暮ブース(台湾)
「現代木彫の潮流」 北海道立近代美術館(札幌市)
2011 「台湾2011 三義木彫国際交流展~木彫維新展」(台湾)
「アニマル・ライフ 朝倉文夫と動物たち」 (高崎市) 高崎市美術館
2012 「安藤陽子・三輪途道展」 桜華書林 (長野市)
「色めく彫刻」 群馬県立館林美術館 (群馬)
「アートツリーズ」 高崎市美術館 (高崎市)
2013 太田ビエンナーレ2013 太田市学習文化センター (太田市)
カゼイロノハナ   アーツ前橋(前橋)
2014 郷土の作家展2014(同’16)                                           富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館(富岡)
夢の軌跡 群馬の作家59人展
高崎シティギャラリー(高崎市)
2015 GROWING 開館20周年記念展
下山芸術の森発電所美術館(富山県入前町)
2016 神戸マルシェ2016
神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸)
2017 アートNAGOYA2017
ウエステンナゴヤキャッスル ガ(名古屋)
VOLTA13 Bazel Switzeland
ギャラリー小暮ブース(バーゼル・スイス)
2018 東大寺と東北 東北歴史博物館  (宮城県多賀城)

[パブリックコレクション]
群馬県立館林美術館/アーツ前橋/高崎市美術館/北海道立近代美術館/ベネッセアートサイト直島/和歌山県立医科大学/東大寺/
日光山輪王寺/高崎市箕郷町獅子舞保存会/上田第一ホテル