群馬県/フランス美大留学予備校・芸大受験・美大受験・子どもから社会人の為の美術学校・画廊/すいらん

2016年画廊企画PART5 広沢 仁 展

 

2016年画廊企画PART5

広沢 仁 展

– テンペスト ⊸

蛹化光

「蛹化光」シルクスクリーン、パネル、145.5X112cm ed.3 2016年作

2016年7月9日[土] ― 17日[日]

Am10:30 ―PM7 :00 (火曜休廊)

 

展覧会タイトル「テンペスト」は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「テンペスト-嵐」を由来とするところをタイトルとしていますが、東日本大震災を切っ掛けに『人と社会との仕組みや様々な関係性などに興味が移行し、生と死の深層にまで思いを深めるようになった』という作品は、デザイン的で構成的な軽やかな作風から、以前とは異なるもっと人間的な情緒を感じる即興的な描写に、元来備わる卓越したセンスに裏付けされた抒情的な作風へ変化しつつあります。

東京造形美術大学や東北芸術大学で指導をする広沢仁による2年ぶり4回目となる個展を開催します。

近年、積極的に制作に取り入れているシルクスクリーンによる金泥や銀泥の下地をベースにした半具象の作品や、広沢氏独自の手法、シルクスクリーンによる蜜蝋下地ベースの作品を中心に含め約30点の作品を展示ご高覧頂きます。

 

広沢 仁 画歴

コンロン (S)

「コンロン」
142×270cm シルクスクリーン、屏風 ed.2 20165

 

不死鳥 (S)

「不死鳥」
145.5X112 cm シルクスクリーン、蜜蝋、紙 ed.2  2016

 

テンペスト(moth)

「テンペスト(moth)」
55X40cm シルクスクリーン、紙、ed.7  2016

 

テンペスト(24)

「テンペスト(24)」
55X40cm シルクスクリーン、紙 ed.7  2016

 

虚船

「虚船」
シルクスクリーン、パネル 20X20cm ed.6 2016

DM_宛名面
DM_写真面

広沢 仁 画歴



広沢 仁 HIROSAWA Jin

広沢 仁   HIROSAWA Jin

【略歴】

1976 山口県防府市に生まれる
1999 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
2001 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース修了
2008~ 東北芸術工科大学非常勤講師
2009~11 武蔵野美術大学非常勤講師
2014~ 東京造形大学非常勤講師

[個展]

2000 ギャラリーイセヨシ・東京
2001 23ギャラリー・東京(同’02)
2003 GFAL 武蔵野美術大学・東京/ギャラリー山口・東京(同’04,’06)
2005 岡部版画出版SHOW ROOM Korino
2006 ギャラリーテムズ・東京
2007 ギャラリーゆう・岐阜/ギャラリーナカノ・山口
2008 柳沢画廊・埼玉
2010 画廊翠巒・群馬
2012 「余波(アフターマス)」養清堂画廊・東京/ギャラリーDOOR・山口/画廊翠巒・群馬/Gallery M.A.P・福岡
2013 「ティンブクトゥ」ギャラリー砂翁・東京/ギャラリーナカノ・山口/ART SPACE563・台湾/ギャラリーゆう・岐阜
2014 「新しい滝と古い小径」柳沢画廊・埼玉/アートゾーン神楽岡・京都/ギャラリーDOOR・山口/画廊翠巒・群馬
2015 満屋八丁堀店美術ギャラリー・広島
2016 テンペスト」(養清堂画廊・銀座

[主な展覧会]

1998 全国大学版画展( 町田市立国際版画美術館・東京) (同’99,’00)
1999 卒業制作展・優秀賞( 武蔵野美術大学・東京)

第67回日本版画協会展・山口源新人賞(東京都美術館)

受賞者記念展(ギャラリースペース21・東京、星ヶ丘アートヴィレッジ・高知)「Pulse」展(武蔵野美術大学課外センター・東京)

2000 イビサビエンナーレ2000(スペイン)
2001 修了制作展・優秀賞(武蔵野美術大学・東京)

あおもり版画トリエンナーレ2001(青森市民美 術展示室・青森)同’04

2002 第2回山本鼎版画大賞展(上田創造館・長野)
2003 オープンスタジオ未来工房・東京

第十一回中華民国国際版画展(台北市美術館・台湾)

2004 とよた美術展’04(豊田市美術館・愛知)

ふくみつ棟方記念版画大賞展(福光美術館・富山)

2005 第13回吉原治良美術コンクール(大阪府立現代美術セ ンター・大阪)
2006 第10回浜松市美術館版画大賞展(浜松市美術館・静岡)
2007 PRINTS TOKYO 2007( 東京都美術館・東京)
2008 VISIONS-増殖するイメージ-( 日本橋高島屋美術画廊X、新宿高島屋6階美術画廊)

第十三回中華民国国際版画展(台北市美術館・台湾)

Diptych-Triptych(GALLERY ALPHA・愛知)

Session(Alternative Space CY・東北芸術工科大学内・山形他)

ビエンナーレKUMAMOTO Ⅳ 準グランプリ(熊本県立美術館・熊本)

2009 Guanlan international Print Biennial(中国)

8th World Art Print Annual – Mini Print 2009(ブルガリア)

「転位―阿部大介・廣澤 仁・山田純嗣」(画廊翠巒)

2010 第64回山口県美術展「優秀賞」/山口県立美術館・山口
2011 第9回アートプログラム青梅「山川の間で」/青梅市美術館他・東京
2012 グループ展 “ピュシス” 萌芽する版画家たちー東北芸術工科大学ー
2013 ピュシスⅡ 萌芽する版画家たち—東北芸術工科大学—
2014 ピュシスⅢ 萌芽する版画家たちー東北芸術工科大学ー鹿島神社参集殿・福島

Artist Book  旅をよむ 美術家がつくる本の形/アキバタマビ21・東京

Prism3 / Ostrakon Gallery、Milan,Itary

2015 Prism5    (The Embassy Tea Gallery, Bankside, London)

[パブリック コレクション]

町田国際版画美術館、沼津市、國立台灣美術館(台湾)

 



2016 7月8月予定表

201607-08

 

8月13.14.15日は夏期休業となります。



アトリエで描こう【夏休み宿題・ポスターなど】

201607-a

アトリエで描こう【夏休み宿題・ポスターなど】

A4 2016 アトリエで描こう(PDF)

 

 



夏期講習会2016

sas201606s

 

朝学科+昼実技+夜間特訓で合格に近づく!

基礎力を身につけ個性を生かす指導法

他社と差をつける夏休みの集中講義

 

詳細はパンフレット(PDF)はこちら

表紙>夏期講習会(表紙)
内容>夏期講習会(中面)

 

 

【お問い合わせ】E-mail: info@suiran.com 電話:027-223-6312


高校生のための1学期最後の無料体験授業

201606se02

 
 
今ならまだ間に合う!合格の為に行動しよう!
 
志望に合わせたデッサン課題を
担当講師が丁寧に指導します。
週三回計9時間!!
期間中、個別に受験相談に応じます。

 
 
詳細はこちら>高校生のための無料体験授業PDF
 
 

【お問い合わせ】E-mail: info@suiran.com 電話:027-223-6312


中学生のための無料体験授業

201606se01

 

 

すいらんアートゼミナールでは美術系高校進学に興味のある中学生を対象に
「無料体験授業」を実施します。

 

 

美術系高校受験で出題される「石膏デッサン」または、「静物デッサン」を実技体験してみませんか。
一日のみの参加も可能です。

 

 

申し込み締め切り2016年7月8日(金)まで

 

詳細はこちら>中学生無料体験2016PDF

 

【お問い合わせ】E-mail: info@suiran.com 電話:027-223-6312


2016年画廊企画PART4 有地好登 展

 

2016年画廊企画PART4

有地好登 展

-虚実・狭間の美 -

Lost shape-sorrow

Lost shape-sorrow(失われた形–悲しみ)
エッチング、アクアチント、エンボス、シン・コレ(赤金紙にコラージュ)、アルシュ紙
81x106cm 2014 ed 8

2016年6月11日[土] ― 19日[日]

Am10:30 ―PM7 :00 (火曜休廊)

 

<Lost shape シリーズ>についての雑感

photo 四季の姿は、春には若葉が芽吹き、夏には青葉に木漏れ日が揺れ、秋には天地が色を染め、冬には木の葉が踊ります。その時々の様相は人間の感情のように変転し、いつしか静寂な世界に帰結する。それは落ち葉が風に吹かれて隅にたまるように、ある時は記憶に残り、ある時は不定形な塊として脳裏に映し出します。そして変転する景色がカラカラと音色を奏でて消え去るように生物の命(魂)が消失する。

私の作品は、これら日々の出来事の中で派生・消失する光景と不確実な記憶を自己の感情に重ね合わせることでイメージの形成へと繋げている。 それは色・形・線が白い空白の平面を彷徨しながらパズルのように組み合わされてある形として生まれ変わってゆく。

今回の主な作品は、自然から災害を被った時や社会から非合理な圧力を受けた時、怒り・悲しみ・苛立ちの感情が起る。 これら可視化できない人間の心情や表情を、ある心象風景や隠喩的な風景として不可思議な造形として作品にしている。 それは氷のような閉ざされた虚と実の狭間の美を表出しようとしている事かもしれない。

制作過程に於いては鏡面に研磨された銅面に鋭い刃物で痕跡をつける、又は薬品で鏡面を荒らして行く、そこにはアクアチントの腐蝕で出来る泡の生成と消失が絶え間なく続き、無機質で深遠な版面が時間の痕跡を包含した有機的な版へと変貌して行く。 そこには曖昧な形象から固有な形象へと変転し、新しい銅(赤がね)の輝きを覗かせながら不可思議な造形美への転化と定着が行われているように思っている。

Lost shape(失われた形)シリーズの制作方法

 

 生物(木の葉や花弁)や人工物(建造物)が崩壊・離散・集積する中に、擬人的な顔又は面(つら)や事象を内包したイリュージョナルな図象として創出する事を考えている。

主にエッチング、アクアチント技法を繰り返して製版し、赤金紙又は銀紙刷りによるカラー銅版画の作品です。カラー刷りでは色の沈降・不透明感を抑え、極力色の透明感や発色の美しさが出るように製版や印刷を心掛けている。またコラージュした赤金紙又は銀紙を雁皮刷りの方法で刷る事で質感と装飾性を加味し、色インクでは出せない鈍い硬質な色面とマチエールを試みている。 空刷りはイメージを構成する要素の一つで、凹凸を平面空間に置くことで空間領域の広がり(図柄より異なった空間を創出し、意外性を持たせる)を意識させる。 変形画面は一般的に安定を意識させる方形ではなく、イメージに即した不安定感や緊張感を醸し出す為に直線的な切断面を用いて画面を構成している。

有地好登 画歴

Lost shape-ruin

Lost shape-ruin(失われた形—廃墟)
エッチング、アクアチント、エンボス、シン・コレ
(赤金紙)、アルシュ紙
80x106cm 2013 ed 15

 

Lost shape-garland

Lost shape – garland (失われた形−花冠)
エッチング、アクアチント、シン・コレ
(銀紙)、BFK紙
53.4×80.2cm  2012 ed 30

 

Lost shape-left face

Lost shape-left face(失われた形–左面)
エッチング、アクアチント、エンボス、シン・コレ
(赤金紙にコラージュ)、アルシュ紙
81.5×54 cm 2015 ed 20

 

Lost shape-stardust

Lost shape-stardust(失われた形–星屑)
エッチング、アクアチント、エンボス、シン・コレ
(銀紙にコラージュ)、B.F.K.紙
82.5×53.2cm 2015 ed 20

DM_宛名面
DM_写真面

有地好登 画歴



有地好登

 

有地好登 photo
【略歴】
1972年 日本大学芸術学部卒業
1976-77年 Bradford College of Art & Design 留学(イギリス)
1986-87年 文化庁芸術家在外研修員としてSmith Collegeにて研修(アメリカ)
現 在 版画学会会長(2014〜)、日本版画協会理事、日本大学芸術学部教授
個 展 養清堂画廊(東京)、シロタ画廊(東京)、天満屋アートギャラリー(福山)
画廊翠巒(前橋)、ギャラリー青城(仙台)、ギャラリー葦(山形)、
無伴奏ギャラリー (松本)、レン・ブラウンギャラリー(USA)、ギルバート・ルーバーギャラリー(USA)

 

[主な展覧会 1990年以降 ]

1993~99年 ドイツ国際版画トリエンナーレ フレヘン・ドイツ
1993年 エジプト国際版画トリエンナーレ同´96/´06〈’97招待〉 ギザ・エジプト
1997年 ポートランド国際版画展 ポートランド美術館/オレゴン州USA
クラコウ国際版画トリエンナーレ クラコウ・ポーランド
1998年 第1回神戸版画ビエンナーレ  神戸阪急ミュージアム
2002年 第2回ミッシェル・シリー国際版画賞展 ディエップ・フランス
2003年 第6回シャマリエール国際小版画トリエンナーレ オーベルニュー・フランス
2005年 現代版画の潮流展 町田国際版画美術館/松本市美術館
2006年 第12回中華民国国際版画&素描ビエンナーレ 国立台湾美術館/台湾
2007年 第4回ドウロ国際版画ビエンナーレ(招待)  アルジョ・ポルトガル

第8回アックイ国際版画ビエンナーレ同´11 アックイ・テルメ・イタリア

2008年 アジア国際版画展:国立国父紀念館 台北・台湾
2009年 第15回セルヴェイラ国際ビエンナーレ同´11 カミーニャ市立美術館/ポルトガル
2011年 第7回クレモナ国際小版画展(招待) クレモナ市美術館/イタリア
50’日本現代版画展 ティコティン日本美術館/ハイファ・イスラエル
第16バルナ国際版画ビエンナーレ同´12 バルナ市立美術館・ブルガリア
SKY–2011アジア主版/版画展  国立台北芸術大学関渡美術館/台湾
第15サルセルス国際版画ビエンナーレ同´12  フランス
2012年 第40回カルメン・アロゼナ国際版画賞展  マドリード/スペイン
第16“Petit Format de Papier”国際ビエンナーレ同´13(招待) ニーム
第7回ビトラ国際版画ビエンナーレ ビトラ市立美術館/マケドニア
台湾国際ミニ版画招待展&シンポジュウム 国立台湾師範大学/台北・台湾
2014年 フィンランドミニプリント2014 ビュヴィンガー美術館/フィンランド
第15回ウッジ国際小版画展 ウッジ市美術館/ポーランド
2015年 第3回ビルバオ国際現代版画賞展-FIG2014 ビルバオ/スペイン
日本現代版画展 国立ドゥブロニック近代美術館/クロアチア
第3回マカオ国際版画トリエンナーレ マカオ芸術博物館/マカオ

[主な受賞]

1979年 サンシャイン版画グランプリ展銅版画部門(東京) 優秀賞
1983年 第1回カボ・フリロ国際版画ビエンナーレ/ブラジル 審査員特別賞
1984年 第8回イギリス国際版画ビエンナーレ/ブラッドフォード・イギリス 買上げ賞
第20回全国公募神奈川県美術展 特別奨励賞
1997年 第4回バラト・バヴァン国際版画ビエンナー/レボパール・インド 佳作賞
1998年 第1回神戸版画ビエンナーレ/神戸阪急ミュージアム/神戸 佳作賞
2000年 第14回国際ミニ版画展/ニューヨーク/USA 第一席
2002年 第2回ミッシェル・シリー国際版画賞展/ディエップ/フランス 審査委員賞
2007年 第8回プレミオ・アックイ国際版画ビエンナーレ/イタリア 審査員特別賞

 

パブリックコレクション
東広島市立美術館/いの町紙の博物館/大英博物館(イギリス)/スミス美術館(イギリス)/アルバータ大学美術館(カナダ)クリーヴランド州立美術館(USA)/スミス大学付属美術館(USA)/ロサンゼルス州立美術館(USA)/アメリカ議会図書館(USA)クイーンズランド州立美術館(オーストラリア)/ニューサウスウェールズ州立美術館/オーストラリア)/ワルシャワ国立美術館 (ポーランド)/マジュダニック州立美術館(ポーランド)/バルナ美術館/(ブルガリア)/バルパライソ市立美術館(チリ)/バンスカービストリッツァ国立美術館(スロバキア)/ティコティン日本美術館(イスラエル)/国立台湾師範大学美術館(台湾)關山月美術館(中国)/カミーニャ市立美術館(ポルトガル)/クレモナ市立美術館(イタリア)


2016 6月予定表

2016 6月予定表