群馬県/フランス美大留学予備校・芸大受験・美大受験・子どもから社会人の為の美術学校・画廊/すいらん

2017 年画廊企画PART5 Gallery’s Collection 2017

 

2017 年画廊企画PART5

Gallery’s Collection 2017

ギャラリーズコレクション201

日本画・油彩・水彩・版画・現代美術・彫刻・陶芸など




 

2017年7月15日[土] ― 23日[日]

Am10:30 ―PM7 :00 (火曜休廊)

 

 

ギャリリーズコレクションは、日々画廊翠巒(すいらん)で開催する個展やグループ展で発表された作家の作品の一部を、作家支援も兼ねて買取り、コレクションしてきた作品や、画廊翠巒の代表である梅津宏規の眼で厳選しコレクションした作家の作品を、作家の有名無名、作品の種類や価格の高い安いにかかわらず そして、時の流行りや景気などに影響されない作品自体に普遍的な力が宿っていて、心のこもった作品であると自信を持ってご紹介出来る作品を、普段よりちょっとお値打ちな価格で提供する数年に一度の展覧会です。

画廊主・梅津宏規は若い頃、南フランスのあのセザンヌで有名なエクサンプロヴァンスの芸大で学部、大学院と学び6年間学び、国家資格としての学位を取得していて画商には殆どいない、よく異端と言われますが、個人的な好みだけではなく、客観的に質の高い作品をご紹介出来るものと思います。

留学中、そしてその後も渡仏の度に繰り返し膨大な作品を観てきた個人的ではありますが、自身の鑑賞眼を鍛えてきた中で選びコレクションしてきた作品、約60点以上をご紹介致します。

画廊主 梅津宏規

 

 

 

 

林 武の「花」鑑定書付をはじめ
南田昌康、大西敦子、今泉尚樹
といった作家の花を描いた作品を展示しています

 

田勝彦のカラーメゾチントや
前本利彦の芍薬、川島睦郎の椿など、花を描いた
日本画を展示しています

 

橋常雄や加藤令吉、加守田窯など
日本画や焼き物など
魅力的な作品を展示してします。

 

大人気の須藤和之の日本画や久保繁造の貴重な作品
など魅力的な風景画を展示しています。

 

 

長沢 明や今注目の若手作家・藤原泰佑なども
展示しています。

 

山田純嗣、牛嶋直子の平面
澤田志功の立体などを展示しています

 

人気版画家、木村真由美や広沢仁
文谷有佳里のドローイングなど
若手実力派の作品を展示しています。

 

VOCA賞受賞の小野耕石や
金光男、阿部大介といった
今最も注目される若手作家の作品など
魅力的な作品を展示しています

 

ギャラリーズコレクション2017 DM



特別講座夏休み絵画教室 アトリエで描こう2017 小学生対象

>>アトリエで描こう2017PDF



アートスクール7・8月予定表



夏の美術系進学個別面談会 申込受付中! 

夏の美術系進学個別面談会 申込受付中!

pdf>美大進学相談会



夏期講習会2017 受講生募集!

 

 

夏期講習会2017

春から受験の準備を始められなかった人、部活動で多忙だった人、チャンスです。
1カ月で確実に基礎力を身につけよう!!

【前期】7月23日(日)ー8月  5日(土)
【後期】 8月  7
日(月)ー8月23日 (水)

 

[AM  8:30-9:50] 朝学科
[AM10:00-PM5:00] 実技
[PM  5:30-7:30] 夜間実技特訓

※学科、昼実技、夜間特訓のみの受講も可能です。

 

PDF


2017 年画廊企画PART5 木村真由美 展

2017 年画廊企画PART5

木村真由美 展

うつくしいそら 虚像の地図 ngp」40.5X40.5cm シルクスクリーン、和紙 2017

 

2017年6月10日[土] ― 18日[日]

Am10:30 ―PM7 :00 (火曜休廊)

 

 

引き続きインターネット上で見つけた写真を元に、ある場所の空を描いています。
前回はひたすらその写真から受け取れる形の情報のみを描いていましたが、今回はそれだけではなく、 その写真がある場所についても画面に取り入れようと試みました。
言うまでもなく、この写真はインターネットで見つけた写真なので私自身がそこに行って撮影したもので はありません。
であれば、それを正確に記録するのであれば、実際にこの目で見ていないという事実を 画面に表出すべきではないかと考えたからです。
そして地続きであるはずの空を矩形の四角で区切らなければならないのであれば、絵としての虚構は 排除し、可能な限りその位置関係を正確に写し取ろうと試みました。

木村真由美

 

 

「うつくしいそら:虚像の地図 p40ngmb&o」
シルクスクリーン・和紙 100X72.7cm 2017

 

「うつくしいそら:虚像の地図 ngy」
シルクスクリーン、和紙 40.5X40.5cm 2017

 

「うつくしいそら:うつくしいそら 虚像の地図p3ngwtb」
シルクスクリーン、和紙 19X27.3cm 2017

 

「うつくしいそら: 型紙3」
シルクスクリーン・和紙・鉄粉. 42.3×55.8cm ,2010

 

「うつくしいそら:型紙 4」
シルクスクリーン・和紙・鉄粉. 41.5×36.5cm, 2010

 

PDF>木村真由美展DMデザイン原稿B5横

>PF

 

 



アートスクール6月予定表



ゼミナール 高校2.3年生対象 5月の無料体験授業 プラス受験相談 

2017 5月無料体験.pdf



ゼミナール 武蔵野美術大学オープンキャンパス2017 す いらんバスツアー 参加者募集!

バスツアーpdf



2017 年画廊企画PART4 アマダレ 柿崎さえみ・針生卓司・山田正一郎

2017 年画廊企画PART4

アマダレ

柿崎さえみ・針生卓司・山田正一郎


▲「街の記憶」63.3cm×175.5cm 綿布・アクリル絵具・コラージュ2015 針生卓治作

 

2017年5月13日[土] ― 21日[日]

Am10:30 ―PM7 :00 (火曜休廊)

 

 

東北芸術工科大学日本画領域の教授であり、自身も異彩を放つ日本画家として活躍する長沢明氏が、この画廊翠巒で個展を開催した縁から実現した、当画廊と長沢明氏による東北芸術工科大学大学院日本画領域を修了し、今後の制作に期待を寄せる若手作家の選抜による 3回目のグループ展です。

彼らの溢れんばかりの才能とその表現を発表する機会を、企画画廊で提供したい との思いから実現したグループ展「アマダレ」 多くの美術支援者の厳しくも、暖かいご批評、そしてご高覧を賜われれば有り難く思います。

画廊主 梅津宏規

「アマダレ」 グループ展主旨

芸術の世界は必ずしも結果を伴うものではないが、たとえ結果がどうであれ、描き続けていくだろう彼等。一つの方向を向き描き続ける作業は、雨だれが石を穿つ様と重な、ときには「描くべき意味」を飛び越えていく。描くことが思考を超えた時にしか、見せることができない世界がある。私は芸術のフィールドに、そんなプレイヤーに立ってもらいたい。

またアマダレは「!」の別名であることから、彼らが自分の世界を求める中で見つけた「!」を、僕らにも見せる機会になってほしい。

長沢明

 

 

 

柿崎さえみ>pf

「サキクグリ」S100
和紙、水干、岩絵の具、アクリル、コンテ 2017

 

「アメネコ」585X800mm
和紙、水費、岩絵具、アクリル、7コンテ

 

「room3」F10
和紙、水干、岩絵の具、アクリル、コンテ

 

針生卓司>pf

「杜」41X10cm
麻紙。アクリル、コラージュ 2015

 

「operating in the galaxy」 45.4X13cm
麻紙。アクリル、コラージュ

 

山田正一郎>pf

「Caps Lock」 130×162 cm
和紙にアクリル 2016

 

「deal」F6
和紙、アクリル 2017

 

「Control plus V」F4
和紙、アクリル、

 

DM_宛名面
DM_写真面