群馬県/フランス美大留学予備校・芸大受験・美大受験・子どもから社会人の為の美術学校・画廊/すいらん

すいらんアートゼミナール 2019年夏期講習会 課外授業 アーツ前橋でのギャラリーツアー

すいらんアートゼミナール 2019年夏期講習会 課外授業
アーツ前橋でのギャラリーツアー

今回はアーツ前橋にて展⽰が⾏われている

「⼭本⾼之とアーツ前橋のビヨンド20××未来を考えるための教室」の関連イベントとして

すいらんアートゼミナールの⽣徒が2019 年7 ⽉27 ⽇の事前課外授業と

8⽉16 ⽇すいらん夏期講習会 課外授業としてギャラリーツアーに参加しました。

内容は「⼭本⾼之さんの ≪ビヨンド2020 道徳と芸術」 を新しい物語につくりかえ、

各⾃の視点で新たに作り上げられた物語」によるギャラリーツアー。

みんなの視点で新たに作りあげる物語は・・・

未来、宇宙規模の壮⼤なストーリーあり、

ウイルス系の話あり、妄想のギャラリーツアーは最⾼でした!



2019 年画廊企画PART6 林 耕史 展 – MONTAGNE OÙ LA LUNE DORT –

2019 年画廊企画PART6

林 耕史 展

MONTAGNE OÙ LA LUNE DORT

2019 年8 月24 日[土] — 9 月1 日[日]

am10:30-pm7:00(27 日火曜休廊・最終日pm5:00)

「月が眠る山2019-Ⅲ」H210cm 樟、金箔、銀箔、彩色 2019

群馬大学教授で、国画会の会員である、彫刻家の林耕史の個展を画廊翠巒としては初めて開催致します。

林 耕史(はやし こうし)氏は、間伐材・低質材等の木材資源を積極的に使用し、一般的に木造彫刻などの彫塑には使用していなかった、今日的な道具、チェーンソーなどの道具を使用しながら、その材料の持つ特徴を生かした本質的で、抽象的な造形を、チェーンソーならではの痕跡で彫り出し、そこに僅かに胡粉や金箔で彩色された、ある意味工芸的に手を加え、荒々しさと洗練、無秩序と秩序、黒と白のような対極的な要素を共生させ、独自の美しさを創りだしています。

本展では、これまで中之条ビエンナーレや桐生・有鄰館での、場所性を取り込みインスタレーションによって表現された作品群から、さらに時の成長と進化を試みた作品による展示になります。

画廊翠巒主 梅津宏規

「月が眠る山」

20X10X9cm 樟、金箔、彩色

2019

「月が眠る山」

10X9X4cm 樟、金箔、彩色

2019

「月に眠る山」

24.5X18X2cm 樟、金箔、彩色

2019

「月が眠る山」

18X10.6X1cm 樟、金箔、彩色

2019

PF> 林 耕史  HYASHI Koshi

PDF>DM_宛名面たて

PDF>DM_写真面たて



林 耕史  HYASHI Koshi

林 耕史  HYASHI Koshi 

【略歴】

1960 年 長野県飯田市生まれ

1983 年 信州大学教育学部美術科卒業

1995 年 上越教育大学大学院芸術系美術修了

  

[個展]

2013 年 「Sculpture 林耕史展」 AIS ギャラリー(渋川市)

2016 年 「月が通う森/月が眠る山」 花楽の里(中之条町)

2018 年 「RIN/月が眠る山」 渋川市美術館(渋川市)

2019 年 「月が通う森/月が眠る山」 有鄰館(桐生市)
    「MONTAGNE OÙ LA LUNE DORT」 画廊翠巒(前橋市)

  

[その他グループ展]

1994 年~ 国画会展 東京都美術館,国立新美術館(東京)

2006 年 次代を担う彫刻家たち展(同9・10・11・13・15・17)日本橋三越・現代彫刻美術館(東京)

2011 年 国画会彫刻部受賞作家展 ギャラリーせいほう(銀座)

2012 年 緑の中の小さな彫刻展(同13・14・15) ギャラリー華(南麻布)

2013 年 中之条ビエンナーレ(同15・17・19) (中之条町)
「数寄者達-琳派以後の方法2013-」 臨江閣(前橋市)

2015 年 「開かれた偏見のない眼=心展」(同16・17) ライフアップスクエア・アイズ(前橋市)

  

[主な受賞]

1994 年 第68 回国画会展にて国画会彫刻部奨励賞 東京都美術館(上野)

2002 年 K 氏奨励賞 東京都美術館(上野)

  

[現在]

国画会会員、群馬大学教授



2019 年画廊企画PART5 居城達志 展 – Début –

 

2019年画廊企画PART5

居城達志 展

–  Début  –

▲ flow#001」841×1,189mm キャンバスに D プリント、アクリル絵具 2019

2019年7月13日[土] ― 21日[日]

AM10:30-PM7:00(火曜休廊・最終日pm5:00)

 

居城達志の世界は単にグラフィック的に旨いというだけではない。そこには絵を描くことの喜びがあり、遊びがあり、居城自身の角膜を通して見定められた造形と色彩への貪欲な興味が描かれているからこそ、私たちが惹きつけられるのだと思う。
還暦を前にいささか遅い作家デビューも、グラフィックデザイナーとしてのこれまでの延長に過ぎないとみるか、新たな才能の開花なのか・・・。

既に、デザイン&グラフィックの世界で多くの人たちを感動させる続けるこの作家は、実は画家、ぺインターとしての才能に満ちているのでは・・・と口説き続け、ここに還暦まであと僅かというこのタイミングで、生涯初の個展を開催出来ることとなった。

人生100 年時代。新たな世界への挑戦も、まだまだ遅くない。

画廊主・梅津宏規

 

>居城達志 PF

 

「flow #002」

F6
キャンバスにD プリント、
アクリル絵具

2019

 

「flow #008」

F6
キャンバスにD プリント、
アクリル絵具

2019

 

「succulent #001」

300×300mm
キャンバスにD プリント、アクリル絵具

2018

 

「流しのシンさんは今日も歌う 前橋01」

F4
キャンバスにD プリント、
アクリル絵具

2018

 



居城 達志 ISHIRO Tatsushi

城 達志 略歴                  ISHIRO Tatsushi

 

1959年   前橋市生まれ

1980年   北関東造形美術専門学校卒業後、デザイン事務所にて主に遊技機の商品企画、製品デザインに携わる

1989年   フリーランスとなる

1997年   有限会社スタジオビジョン設立

2016年  ぺインターとして絵画作家活動開始

2017年   アーツサウンドビジュアル専門学校非常勤講師就任

2019年  初個展「Début」画廊翠巒(前橋)

[現  在]  
企業や学校、ブランドなどのシンボルマーク、ロゴタイプデザイン、地方発映画のアートディレクション、イベントグラフィックなどを手掛ける
グラフィックデザイナー,イラストレーター,画家

[主な代表作]

2014年 
上越、妙高市まち映画「スイッチバック」タイトルロゴ、
ポスター大泉まち映画「サンゴーヨンサッカー」タイトルロゴ、
ポスター小倉学園 教師用ユニフォーム 
ホテルルカ ホテル名ロゴ、ホームページ

2015年
鳥山畜産食品(株)海外向けポスター、
サイン製作伊勢崎まち映画「グリモン」タイトルロゴ、ポスター制作
アーツサウンドビジュアル専門学校 校名ロゴ、サイン計画
群馬県PR映像 タイトルロゴ制作
ぐんまフランス祭2015ポスター、会場サイン(以降毎年)

2016年
春のとみおかフランス祭㋐群馬ポスター、会場サイン(同’17)
高崎まち映画「あの夏、いつかの生姜焼き」タイトルロゴ制作
前橋まち映画「クラッチヒッターみなみ」タイトルロゴ、ポスター制作     

2017年  
前橋臨江閣リニューアル告知ポスター&フライヤー制作
群馬ハイスクールロックフェス ロゴ、ポスター、グッズ制作
 清水建設関東兼喜会 学生向け活動案内パンフレット制作
ピーターバラカン出前DJ@前橋文学館 イベントポスター、フライヤー制作
(一社)群馬日仏協会会報紙「セ・ラ・ヴィ」vol.11デザイン制作(以後毎回)

2018年  
桐生まち映画「祭りのあと、記憶のさき」タイトルロゴ、ポスター制作
第8回ぐんまフランス祭2018ポスター他
日産サティオ群馬2019年オリジナルカレンダー原価制作

2019年  
ピーターバラカン出前DJ@前橋文学館 イベントポスター、フライヤー制作