群馬県/フランス美大留学予備校・芸大受験・美大受験・子どもから社会人の為の美術学校・画廊/すいらん

2021年画廊企画PART11 竹下修司 展   ―Plantes―

 

 

2021年画廊企画PART11

竹下修司 展

  ―Plantes―
 

「葵Ⅱ」パネル、岩絵具、水干 442×395mm 2021

 

2021年 12月11日[土]―19日[日]

 

 

Am10:30 ―PM7:00 (14日火曜休廊:最終日pm5:00迄)

 

 

毎年5月に東北芸術工科大学との共同企画展として画廊翠巒で開催している「アマダレ」の第1回展に出展し、ほとばしる画家としての才能の片鱗を見せてくれました。あれから5年、現在は地元の広島に戻りじっくり自己を見つめ直しながら、圧縮された自己表現欲求を開放しながら描き貯めた作品による個展を、画廊翠巒で開催することになりました。
元々日本画科出身ながら、これまでの日本画の古典的技法に縛られた日本画の世界から、技術的な開放と自由さを作風に求め、形式的なジャンルに捕らわれない、もっと本質的な絵画の在り方を探し、支持体に向きあい、絵の具を身体で感じながら、一心不乱に描く。人の感性の極限を追い求めつつ描く彼の作品は、表層的な美しさに留まらない、描く彼自身と描かれた絵がまるで一体化したかのような、画家の本能が導き出す、根源的な美しさの原石がそこにはあるような気がします。ぜひごゆっくり、竹下修司の世界をご高覧下さい。



植物の姿は、どこか人間の姿と似ている。雑地にがむしゃらに伸びる草花も、コンクリートの割れ目の隙間から顔を出し優雅に咲く花も、綺麗に整備された庭に整然と伸びるそれも、ハウスの中で当然のように咲かされるモノたちも、環境や育ち方は違うなれど、しかしどれもまた命あるものは美しい。
竹下修司の世界はいつのまにか こんなことを想起させる作品なのだ

画廊主 梅津宏規

 

 

「花盛り」
910×1160mm
パネル・和紙・岩絵具・水干絵具
2021

 

「葵Ⅲ」
470×397mm
パネル・岩絵具・アクリル
2021

 

「寒の日」
272×255mm
寒冷紗・岩絵具・水干絵具
2021

 

「華雨」
270×225mm
寒冷紗・岩絵具・珊瑚
2021

 
 
 尚、他作品や個展会場動画などは以下のブログからご覧頂けます>http://ameblos.jp/suirancom/

竹下修司展2021DM-PDF

 

竹下修司PF

 



竹下修司 -Shuuji Takeshita

竹下修司 略歴 ShuujiTakeshita

1984年 広島県生まれ

2008年 東北芸術工科大学芸術学部日本画専攻卒業

2010年 東北芸術工科大学大学院・芸術工学研究科芸術文化専攻・日本画研究領域修了

主な個展

2011年 個展(広島銀行本店・広島)

2012年 個展(San–Ai Gallery・日本橋)

2021年 竹下修司展-Plantes-(画廊翠巒・前橋)

主な展覧会と受賞

2004年 尾道四季展・入選(尾道市立美術館・広島)

2005年 佐藤太清賞美術公募展・入選(福知山市佐藤太清記念美術館他・福知山)

2007年 臥龍桜日本画大賞展・奨励賞(同’09)       (飛騨衣山文化交流館・岐阜高山)

    丹波市展・入選(丹波市立植野記念美術館・兵庫)

2008年 東北芸術工科大学卒業/修了制作展・優秀賞(上野の森美術館・東京都美術館)

    第72回河北美術展・入選(仙台)

    第10回野桜会展・恵埜賞(天童市美術館・恵埜画廊)

    第12回新生展・入選(同‘09)    (新生堂画廊・銀座)

   「風」展(アートフロンティア・京橋)

    ひじおりの灯(山形・大蔵村肘折温泉)

2009年 第11回野桜会展(天童市美術館・恵埜画廊)

2010年 東北芸術工科大学卒業・修了制作選抜展(東京都美術館)

    野桜会受賞者展totoco.(恵埜画廊・山形)

    花と音楽展示(dadacafe・代々木)

    dadacha展(スルガ台画廊・銀座)

2011年 あおぞらDEアート@ツープラス(ギャラリーツープラス・銀座)

2012年 第19回臥龍桜日本画大賞展・入選(岐阜県立美術館)

2014年 第1回梅津五郎芸術賞・入選(白鷹町文化交流センター・山形)

    第8回ガレリア・レイノ大賞展・入選(ガレリア・レイノ・広島)

    第25回臥龍桜日本画大賞展・入選(飛騨衣山文化交流館・岐阜高山)

    第27回全国和紙画展・入選(美濃和紙の里会館・岐阜)

2015年 「アマダレ」塩澤清史・竹下修司・永井里枝(画廊翠巒・群馬)



永井里枝     NAGAI Rie

 

永井里枝略歴      NAGAI Rie NAGAI-Rie
【略歴】
1990年 群馬県生まれ
2008年 群馬県立前橋女子高等卒業
2012年 東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コース卒業
2014年 東北芸術工科大学大学院・芸術工学研究科芸術文化専攻・日本画研究領域修了

[主な個展 ]

2013年 永井里枝個展「あかのあなた――あかの貴方/彼方」 (アートルームエノマ・仙台)

[主な展覧会及びアートフェア]

2010年 quartetto-日本画 4 人展- (Galerie Juillet・高円寺)
日本画3年生展  (悠創の丘・山形)
2011年 デザイン・フェスタ vol.34 (同’12) (東京ビッグサイト)
2012年 東北芸術工科大学卒業・修了制作展 (東北芸術工科大学・山形)
東北芸術工科大学卒業・修了制作展[東京展] (外苑キャンパス・東京)
碧い石見の芸術祭 全国美術大学奨学日本画展 2012
(浜田市立石正美術館ギャラリー三隅中央会館多目的ホール・島根)
東北のいぶき dadacha (銀座スルガ台画廊・銀座)
ひじおりの灯プロジェクト           (ひじおり温泉・山形)
Nabel vol.3 (恵埜画廊・山形)
上海アートフェア 2012 (EMP Gallery・上海)
2013年 スイス・モントルー・アートフェア 2013 (EMP Gallery・スイス)
山遊食参快展 (あさひ旅のココロ館・山形)
零れる内、外に運ぶ (3F PROJECT ROOM・京都)
2014年 東北の明Ⅱ   (画廊くにまつ・青山)
東北芸術工科大学卒業・修了制作展 (東北芸術工科大学・山形)
東北芸術工科大学卒業・修了制作展[東京展] (東京都美術館・東京)
ファウンテン・アートフェア・ニューヨーク 2014 (EMP Gallery・ニューヨーク)
Nabel vol.4 (恵埜画廊・山形)
2015年 「アマダレ」 塩澤清史・竹下修司・永井里 (画廊翠巒・群馬)
中之条ビエンナーレ 2015  (中之条町・群馬)
The rising generation13 永井里枝 柳澤裕貴 (渋川市美術館,群馬)

 



2015 画廊翠巒

-2015年企画展-

overflow
小野耕石・文谷有佳里・山田純嗣

木村真由美 展

井田昌明 展

藤原泰佑 展

Gallery’s Collection 2015

アマダレ
塩澤清志・竹下修司・永井里枝

須藤和之 展

久保 繁 展



2015年画廊企画PART3アマダレ

2015年画廊企画PART3

アマダレ

塩澤清志・竹下修司永井里枝

永井里枝「僕の名前を呼んで」1818×2590mm (P200) 板 アルミ箔 ピグメント 2015(S)

「僕の名前を呼んで」1818X2590mm板、アルミ箔、2015 永井里枝作

 

2015年5月16日[土] ―  24日[日]
Am10:30 ―PM7 :00 (火曜休廊)

 

東北芸術工科大学日本画領域の教授であり、自身も異彩を放つ日本画家として活躍する長沢明氏が、この画廊翠巒で個展を開催した縁から実現した、当画廊と長沢明氏による東北芸術工科大学大学院日本画領域を修了し、今後の制作に期待を寄せる若手作家の選抜による 初めてのグループ展です。

“彼らの溢れんばかりの才能、表現を発表する機会を 企画画廊で提供したい。” との思いから実現したグループ展「アマダレ」

多くの美術支援者の 厳しくも、暖かいご批評とご高覧を賜われれば有り難く思います。

画廊主 梅津宏規

「アマダレ」 グループ展主旨

芸術の世界は必ずしも結果を伴うものではないが、たとえ結果がどうであれ、描き続けていくだろう彼等。一つの方向を向き描き続ける作業は、雨だれが石を穿つ様と重なりときには「描くべき意味」を飛び越えていく。描くことが思考を超えた時にしか、見せることができない世界がある。私は芸術のフィールドにそんなプレイヤーに立ってもらいたい。またアマダレは「!」の別名で あることから彼らが自分の世界を求める中で見つけた「!」を僕らにも見せる機会になってほしい。

長沢明

 

塩澤清志>profile

 

塩澤清志「境界」1620×1620mm 岩絵具・アクリル・ニス 2014 (S) 「境界」 1620×1620mm
岩絵具、アクリル、ニス  2014

 

塩澤清志「抗拒」1167×1167mm 岩絵具 アクリル ニス 2014 (S) 塩澤清志「抗拒」1167×1167mm
岩絵具 アクリル ニス 2014

 

竹下修司>profile

 

竹下修司「湿地帯」910×1250mm 木製パネル 岩絵具 水干絵具 箔 アクリル絵具 2015(S) 「湿地帯」910×1250mm
木製パネル 岩絵具 水干絵具 箔 アクリル絵具  

 

竹下修司「flower」 1623×1303mm 綿布 岩絵具 水干絵具 2015 (S) flower」 1623×1303mm
綿布 岩絵具 水干絵具 2015

 

永井里枝>profile

 

永井里枝「すてきなひとりぼっち」910×1167mm (F50) 板 アルミ箔 ピグメント 2015 (S) 「すてきなひとりぼっち」910×1167mm (F50)
板 アルミ箔 ピグメント 

 

永井里枝「どこへ行ってしまったの」 242×410mm (M6) 板 アルミ箔 ピグメント 2015 (S) 「どこへ行ってしまったの」 242×410mm (M6)
板 アルミ箔 ピグメント 2015

>DM1(PDF)
>DM2(PDF)